料理写真のコツ

【基本のフードスタイリング】3つの食材を揃えるだけでぐっと美味しそうに見えますよ

Pocket

最小限のアイテムで引き立てる

素朴なマフィン、ケーキ、クッキー・・
美味しいけどそのまま撮るとなんだか地味。
そんなときに役立つ
フードスタイリングの基本をお話しします。

必要なのは白と緑、そして生の食材。

今回のモデルは素朴なバナナマフィンです。

スタイリングに使うのは3種類の食材。

1.白の食材

2.緑の食材

3.料理に使われている食材

お菓子の場合、

白は生クリーム、粉砂糖、ヨーグルトのソースといったところでしょうか。

緑は素材に合うハーブでいいと思います。
無ければ、ユーカリの枝を添えたり
アイビーやシュガーバインなど、インテリアグリーンをうまく使ってください。

そしてこれを加えるとぐっと伝わる写真になるのですが、

お菓子に使われている食材をアクセントとして添えるのがポイント。

今回の場合だとバナナの輪切りになります。

白と緑で美味しそうに演出、
料理の食材を添えることで「あ、この素材が入っているんだな」と
一目で理解してもらえます。

まずはシンプルからはじめる。

「スタイリング」となると
ついあれこれ並べたくなると思いますが
最初のうちはぐっとがまん。

まずは主役のお菓子をどう引き立てるか?
美味しく見えるポイントはどこか?
そこに集中するようにしてください。

脇役に気をとられるあまり、
主役がおろそかに・・これでは意味無いですもんね。

クリームはぽってりと

まずはマフィンにクリームを乗せます。

このときに大事なのは、

「この写真は上から撮るのか?横から撮るのか?」と
考えながらデコレーションすること。

ちょっと考えればわかりますが、
同じクリームを添えるのでも、
真上から撮るとマフィンが全然見えないのです。
これでは「伝わる写真」とは言えません。

↓これはちょっとずらして乗せてますけど、
全面が白だと、下の様子が分かりませんよね。

緑と素材をちょこんと乗せて。

クリームを乗せ終わったら、
アクセントになるハーブとバナナの輪切りを添えます。

今回は横位置から撮りたかったので
全部マフィンの上に乗せて高さを出しました。
パスタとかでもそうですよね、
上に上に、高さを出して盛り付けると美味しそうに見えるというアレです。

例えばインスタ用に真上から撮りたいのであれば
マフィンの横にクリーム、
お皿にハーブとバナナを散らせば、全体の様子が分かりやすいと思います。

まとめ

というわけで、
シンプルなマフィンのスタイリングをお話しました。

いろんな焼き菓子に応用できるので、
ぜひ練習して欲しいなと思います。




>>最新レッスン情報

2017年10月のレッスン受け付け中です。


2017/10/19(木曜)

【一眼レフ初心者限定】秋色弁当のスタイリングから撮影まで基本から学ぶ1dayレッスン


クービック予約システムから予約する




下記のメルマガにご登録いただきますと

今後も先行してお知らせを受け取れます。







>>料理を仕事にしたい人のために。
>>メールレッスンのご案内

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

関連記事

  1. あなたの料理写真が伝わらないワケ。
  2. 季節のお花で、料理写真がぐっと素敵になる。
  3. 敷くだけで雰囲気ががらりと変わる!テーブルクロスはとっても大事。…
  4. 料理写真の小物はチラリが基本!
  5. お料理がぐっと美味しそうに見える、欠かせない色があるんです。
  6. パンの撮りかた、サンドイッチの見せかた。実際に体で覚えるのがコツ…
  7. いちごを宝石みたいに撮ってみる?スマホ1dayフォトレッスン。
  8. お料理に手を添えると、ぐっと美味しそうに撮れる。
PAGE TOP