料理写真のコツ

お料理がぐっと美味しそうに見える、欠かせない色があるんです。

Pocket

足りない色って?

味は美味しいんだけど、
写真に撮ってみるとイマイチ・・!

そんなときは、
この色が足りないのかも知れません。

葉っぱを一枚。

それは緑色です。

そう言われれば
サンドイッチの端っこにパセリが一つ。
パフェにミントがちょこん。

いつも何気なく付いてますけど
そういう理由があったんですねー。

あと、お肉を入れてあるトレイが
葉っぱの柄だったりするでしょ。

そういう視点で見ていくと
世の中はお手本だらけで
とっても楽しいのです^^

それでは写真で見ていきましょうー。

お菓子にはハーブを。

りんごのお菓子なので
ローズマリーを添えました。

和風なら笹。

この笹は別のお菓子が包まれていたのですが
はがして取っておいたときに
「あ、ここに使えそう!」とひらめいて
湯飲みの下に敷いてみました。

和食の基本、南天。

ほんの少し添えるだけで
定番のおかずも引き立って見えます。

定番のバジル

バジルは本当に便利です!

鉢植えでも丈夫に育つので
ベランダガーデニングしておくと
「葉っぱが足りないなあ」
というときにすぐ摘んでこれて重宝します。

↓お料理に添えるのはもちろん、
お皿の周りにちらしてもオシャレ。

緑のモミジも素敵。

個人的に好きなのが
初夏のモミジ。
この爽やかな色が大好きで、
この季節の写真にはついつい使ってしまいます。

乗せすぎると見た目がうるさくなるので
ほんの少し・・がポイントです。
(この写真はよくばって2枚載せてるけどね)

ハーブならスーパーの野菜売り場、
葉っぱはデパ地下のスーパーで売ってます。

バジルやローズマリーは丈夫なので
自分で育ててみるのもいいですよ。

お料理には緑。
ぜひ覚えておいてくださいね!




>>最新レッスン情報

2017年10月のレッスン受け付け中です。


2017/10/19(木曜)

【一眼レフ初心者限定】秋色弁当のスタイリングから撮影まで基本から学ぶ1dayレッスン


クービック予約システムから予約する




下記のメルマガにご登録いただきますと

今後も先行してお知らせを受け取れます。







>>料理を仕事にしたい人のために。
>>メールレッスンのご案内

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

関連記事

  1. 初夏のテーブルにミントの花束を飾ろう。
  2. あなたの料理写真が伝わらないワケ。
  3. 【ビフォーアフター】たった一つのことで、料理写真は劇的に変わる。…
  4. 料理写真の背景はどう選ぶ?自由自在にコーディネートできるたったひ…
  5. 料理写真の小物はチラリが基本!
  6. ポイントは2つ!お出かけ先のカフェで、デザートをささっと綺麗に撮…
  7. 季節のお花で、料理写真がぐっと素敵になる。
  8. お料理に手を添えると、ぐっと美味しそうに撮れる。
PAGE TOP