続けるための考え方

自分を変えたかったら、まず動くこと。

Pocket

きっかけは自分

今の自分を変えたい!

憧れのあの人みたいになりたい!

そう決心して、
うまく行く人とそうでない人がいる。

お仕事で関わった人をたくさん見てきて、
なんとなくその違いが分かってきました。

うまく行く人とそうでない人の違い

ブログの書き方とか
写真の撮り方をアドバイスすることが良くありますが、

うまく行く人は
「分かりました!やってみます!」と言って
すぐにその通り実践する。

そして「やってみましたけど、どうですか?」
と報告してくれる。
こちらは
「あ、じゃあ次はここを工夫してみましょうか」
とさらに具体的なアドバイスをする。
また
「分かりました!やってみます!」とすぐに実践する。
その繰り返しでどんどん良くなっていく。
そういうサイクルです。

一方、そうでない人は

学んだあとに復習しない。
実践しない。
たまに「調子どうですか?」と聞いても
「時間がなくてできてません・・」の返事ばかり。

変えるとか学ぶというのは、
当人が実際に手を動かしてはじめて
身につくものです。

つまづくポイントは人によって違ったりするので
プラスアルファのアドバイスは
実践した人にしか働かない。

何一つ行動しないまま
知識だけ増えても意味がないのです。

やってから、聞いてみる。

逆に言うと、
動けば動くほど良くなっていくということ。

待っていても誰も助けてくれません。

「他の用事で忙しいのかな」
「声を掛けるのも気が引けるからそっとしておこう」
と、心の中で思われるだけです。

今の人たちはみんな忙しい。

「大丈夫?手伝おうか?
何に困ってるの?」
なんて親切に聞いてくれる人はそうそういるもんじゃありません。

でも少し行動してみて
「やってみたけど、どうですか?」と聞いてみたら
助けてくれる人はたくさんいるものなんですよ。




>>最新レッスン情報

2017年10月のレッスン受け付け中です。


2017/10/19(木曜)

【一眼レフ初心者限定】秋色弁当のスタイリングから撮影まで基本から学ぶ1dayレッスン


クービック予約システムから予約する




下記のメルマガにご登録いただきますと

今後も先行してお知らせを受け取れます。







>>料理を仕事にしたい人のために。
>>メールレッスンのご案内

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

関連記事

  1. レシピ通りに作ることの大切さ。
  2. 量が質に変わるとき
  3. かま屋に朝ごはんを食べに行ったら、まるで旅先のホテルで朝食を食べ…
  4. 「難しそう」を取りのぞけたら、一歩踏み出したのと同じこと。
  5. これから私はどうしたい?自分で手を動かさないと、見えないものがあ…
PAGE TOP