料理写真のコツ

100均で作れる!お料理写真が明るく撮れる道具とその使いかた。

Pocket

ビフォーアフターを見てみよう

さてさて、
こちらの2枚の写真をご覧ください。

同じカメラ、同じ位置で撮ったものです。
カメラの設定も同じです。

↓左はイチゴに大きな影ができていますね。
右は全体的に明るくなっています。
白いカップの見え方も、全然違いますね!

では種明かし。

左の影ができている方は、
自然光で何の工夫もせずに撮りました。

右の明るい方は、
↓こんなふうにして撮りました。

お皿の手前に、白い紙を置いただけ!

一枚あるだけで全然違うでしょう!

こういう道具をレフ板といいます。

マイレフ板を自分で作ってみよう

おうちで使う大きさなら、自分で手作りできますよ。
さっそく作り方の説明です。

白い厚紙を用意します

A3くらいの白い厚紙を使います。
100均にも置いてあります。

長い方の真ん中に印をつけます

長い辺の真ん中あたりに、
カッターでちょんと印をつけておきます。

今回はA3の長辺(44.5cm)の半分なので、22.2cmくらいの位置。
だいたいでオッケーです。

切り込みを入れて半分に折ります

先ほどの切り込みの位置をつないで、
カッターで薄く筋を入れます。

その筋で半分に折ります。

はいできたー!
こんな風に立てて使います。

さっそく使ってみよう

図解するとこうなります。

窓から入ってきた光をレフ板で反射し、
お皿に当てる、という流れです。

一つあると効果抜群。
ぜひ試してみてくださいね。

自分でやってみたけど良くわからない・・という方は
1dayレッスンでもご紹介する予定です。

こちらのメルマガで先行募集しますので
よかったらチェックしてみてください。

丁寧に作ったお菓子、
しっかり綺麗に写すお手伝いができればと思っています。




>>最新レッスン情報

2017年10月のレッスン受け付け中です。


2017/10/19(木曜)

【一眼レフ初心者限定】秋色弁当のスタイリングから撮影まで基本から学ぶ1dayレッスン


クービック予約システムから予約する




下記のメルマガにご登録いただきますと

今後も先行してお知らせを受け取れます。







>>料理を仕事にしたい人のために。
>>メールレッスンのご案内

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

関連記事

  1. 料理写真を学ぶならオススメしたい書籍、厳選3冊!
  2. お料理に手を添えると、ぐっと美味しそうに撮れる。
  3. 自分の料理写真に自信が持てる!オススメ書籍「もっと美味しく撮れる…
  4. まずは、白い食器をそろえよう。
  5. 季節のお花で、料理写真がぐっと素敵になる。
  6. お料理がぐっと美味しそうに見える、欠かせない色があるんです。
  7. 料理写真の小物はチラリが基本!
  8. パンの撮りかた、サンドイッチの見せかた。実際に体で覚えるのがコツ…
PAGE TOP