料理写真のコツ

【ビフォーアフター】たった一つのことで、料理写真は劇的に変わる。

Pocket

光を読む

高価なカメラ、良いレンズ。
綺麗な写真を撮るには、そんな道具と同じくらい
大切なことがあります。

それを見落とすと、
どんな良いカメラを持っていても全く性能が発揮できません。

最新のシステムキッチンや調理道具を使っても
料理のレシピや計量が適当なら
美味しい料理はできませんよね。それと同じです。

ビフォーアフター

こちらの2枚の写真をご覧ください。
同じカメラ、同じ位置で撮ったものです。
カメラの設定も同じです。

↓左はよくある感じの
生活感がにじみ出てる写真。
右は透明感があり、物の色が綺麗に出ています。

見た目はこんなに違うけど、
変えたのはたった一つのこと。

では違いの種明かしです。

左は窓からの自然光と
部屋の照明、両方で照らされている状態。

右は、部屋の照明を消して、窓からの自然光だけで撮りました。

要するに、部屋の電気を消しただけ・・!

それだけで、これほど違う見た目になるんです。

写真のコツは、どれもシンプル。

一眼レフでなくても、
お手元のスマホですぐにできるので
ちょっと試してみてください。

部屋の電気を消して、窓からの光だけで撮る。

どうですか?全然違うでしょう?

(暗くて写らないよーという人もいるかも知れませんが
その説明はまたの機会に・・)

「綺麗な写真」
「美味しい写真」のコツはたくさんありますが
一つ一つはシンプルなこと。

そのシンプルで単純なことを、どれだけ丁寧にできるか・・
それが大事だと思います。




>>最新レッスン情報

2017年10月のレッスン受け付け中です。


2017/10/19(木曜)

【一眼レフ初心者限定】秋色弁当のスタイリングから撮影まで基本から学ぶ1dayレッスン


クービック予約システムから予約する




下記のメルマガにご登録いただきますと

今後も先行してお知らせを受け取れます。







>>料理を仕事にしたい人のために。
>>メールレッスンのご案内

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

関連記事

  1. お料理がぐっと美味しそうに見える、欠かせない色があるんです。
  2. 初夏のテーブルにミントの花束を飾ろう。
  3. 【基本のフードスタイリング】3つの食材を揃えるだけでぐっと美味し…
  4. 料理写真が上手になりたいなら〇〇はしちゃダメ!
  5. 100均で作れる!お料理写真が明るく撮れる道具とその使いかた。
  6. 自分の料理写真に自信が持てる!オススメ書籍「もっと美味しく撮れる…
  7. お料理に手を添えると、ぐっと美味しそうに撮れる。
  8. あなたの料理写真が伝わらないワケ。
PAGE TOP