料理写真のコツ

あなたの料理を一番上手に撮れるのはあなたです

Pocket

伝えたいポイントは、作り手だからこそ分かる

ここが美味しいところ!

ここが料理のポイント!

それが一番分かるのは、やっぱり作ったその人です。

だれかに与えられたお題だけだと・・

この日は、3ヶ月間継続してサポートさせていただいている生徒様のレッスン。

いつものレッスンでは
撮影するお料理やお菓子は私の方で準備していますが
今回は生徒様に持ってきていただきました。

「先生に全部用意してもらって、あとは撮るだけ」だと
いつまでたっても受け身の勉強。

日々の発信は
調理からスタイリング、撮影まで全て自分自身でやらなければいけません。

「自分の料理を自分で上手に発信していく」
そのための予行演習の会となりました。

スコーンをたくさん撮りました

持ってきていただいたのは
ナッツたっぷりのキャロットスコーン!

高さのある器に盛り付けたり・・

ナチュラルなリネンに並べてみたり・・

上から撮ってみたり。

美味しく表現できるポイントはどこだろう?

見る人が喜んでくれるかな?

いろんなアイデアをお話ししながらたくさん写真を撮りました。

(たまにつまみぐいもしつつ・・(笑)

ランチタイムも撮影続行!

レッスンがひと段落したところでランチタイム。

美味しいホットケーキミックスが手に入ったので、
ホットケーキプレートにさせていただきました。

周りのお惣菜は生徒様に持ってきていただいたものです。

そして特製カポナータをガラスの器に盛り、庭で摘んだタイムを乗せて。

熱々を並べて、さあいただきます!・・と思いきや、

並べたところも可愛いのでつい撮影タイムに(笑

自分の料理と向き合う時間。

私のレッスンでは

「これが正解の撮り方です」という言い方はしません。

なぜなら「正解の写真」なんてどこにもないから。

その代わり、
「あなたが届けたい人の顔が思い浮かびますか?」という質問は頻繁にします。

その人が喜んでくれれば、きっとそれが良い写真。

そこに近づくためのヒントやテクニックは
私の知っている限り存分にお教えしています。

今後もレッスンを予定していますので
ご興味のある方はぜひお越しくださいね。

「喜んでもらえる写真って?」と考えながら
美味しいものを撮影する時間。
とっても楽しいですよ。




>>最新レッスン情報

2017年10月のレッスン受け付け中です。


2017/10/19(木曜)

【一眼レフ初心者限定】秋色弁当のスタイリングから撮影まで基本から学ぶ1dayレッスン


クービック予約システムから予約する




下記のメルマガにご登録いただきますと

今後も先行してお知らせを受け取れます。







>>料理を仕事にしたい人のために。
>>メールレッスンのご案内

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

関連記事

  1. まずは、白い食器をそろえよう。
  2. 敷くだけで雰囲気ががらりと変わる!テーブルクロスはとっても大事。…
  3. 料理写真は紙一重?ワックスペーパーがあればこんなに美味しそうに撮…
  4. 打ち合わせやレッスンの前に。必ず用意するのは暖かいお茶とおやつ。…
  5. 料理写真を学ぶならオススメしたい書籍、厳選3冊!
  6. 自分の料理写真に自信が持てる!オススメ書籍「もっと美味しく撮れる…
  7. 季節のお花で、料理写真がぐっと素敵になる。
  8. 初夏のテーブルにミントの花束を飾ろう。
PAGE TOP