料理写真のコツ

お料理に手を添えると、ぐっと美味しそうに撮れる。

Pocket

一番身近な道具。

お料理を引き立てる小道具は
いろいろありますが、

一番身近で効果のあるのは

人の手

だと思っています。

料理に動きが出る。

調理や盛り付け。
手が入っているだけで
「いま作っている」という臨場感が出ますね。

菜箸を使ったり、

スプーンですくったり。

大きさも分かりやすい

小さめのお茶碗、と言葉で言っても
分かりづらいですが、

手を添えると一目瞭然。

小物の表現にも使えます。

ちょっと料理が地味かな?
そんなときは手を添えてみる。
ぜひやってみてくださいね。




>>最新レッスン情報

2017年10月のレッスン受け付け中です。


2017/10/19(木曜)

【一眼レフ初心者限定】秋色弁当のスタイリングから撮影まで基本から学ぶ1dayレッスン


クービック予約システムから予約する




下記のメルマガにご登録いただきますと

今後も先行してお知らせを受け取れます。







>>料理を仕事にしたい人のために。
>>メールレッスンのご案内

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

関連記事

  1. 料理写真が上手になりたいなら〇〇はしちゃダメ!
  2. 自分の料理写真に自信が持てる!オススメ書籍「もっと美味しく撮れる…
  3. 【基本のフードスタイリング】3つの食材を揃えるだけでぐっと美味し…
  4. 100均で作れる!お料理写真が明るく撮れる道具とその使いかた。
  5. 敷くだけで雰囲気ががらりと変わる!テーブルクロスはとっても大事。…
  6. まずは、白い食器をそろえよう。
  7. 料理写真は紙一重?ワックスペーパーがあればこんなに美味しそうに撮…
  8. 料理写真を学ぶならオススメしたい書籍、厳選3冊!
PAGE TOP