私の想い

憧れの人がいるのって、すごく大事なことだと思う。

Pocket

向田邦子さん、伊藤まさこさん、栗原はるみさん。
このお三方はみなさん大好き。

みなさんそれぞれ、
独自のセンスと「私はこれが好き」という考え方をつらぬいている。

時間ができたときに、
本や写真をじっくり眺めるのが至福のひとときです。

どんな人になりたいのかな

特に
「その人のライフスタイルごと好きになる」
というので最初に好きになり、
きっとこれからもお手本になるのは
向田邦子さんです。

彼女を知ったときには
すでに鬼籍に入っていて
すごく残念だったのを覚えています。

テレビの脚本家として活躍していた向田邦子ですが、
その文章と同じくらい、
食の話しや、器、旅、写真の知識センスが豊富。

そういえば何かのエッセイで

「本当は板前さんになりたかった」

「原稿を書かなくてはいけないのに
架空の小料理屋のお品書きを考えて
小一時間遊んでしまう」

なんて書いていたっけ。

中学生の頃から
そのエッセイを繰り返し読んでいたものですから、

「こんな生き方もあるんだな」

「好きなことを好きと言っていいんだな」

という「あり方」が
なんとなく染み付いたのかも知れません。

出会いは「父の詫び状」

彼女の文章と出会ったのは
中学校の国語の教科書で。

「字のないはがき」という、ご自分の家族の
戦時中のエピソードです。

文章に使われている言葉はやさしい言葉ばかりで
小学生でも理解できるくらい。
大きな感情描写もなく、
淡々と情景が過ぎていく。

どちらかといえばさっぱりした文章なのですが、
なのに、ぐっとその世界に引き込んでいく。
観察者と体験者のバランス加減が絶妙なんですよね。

「この人の文章、すごく面白い!」と
母に言ったら
エッセイや小説を次々買ってくれて、
刊行されているエッセイは全て読みました。

数年前に、鹿児島の「かごしま近代文学館」まで行って、
向田邦子コーナーを見てきたくらい大好きです。

たまに思うんですけど、

彼女が今でも生きていて、
もしブログやインスタグラムをはじめていたら・・?
(1929年生まれなので、2017年なら88歳!)

(向田邦子と友人だった黒柳徹子さんが
インスタグラムをやってるので
ありえる話ではあります)

たまにそんな風に思ったりしています。




>>最新レッスン情報

2017年10月のレッスン受け付け中です。


2017/10/19(木曜)

【一眼レフ初心者限定】秋色弁当のスタイリングから撮影まで基本から学ぶ1dayレッスン


クービック予約システムから予約する




下記のメルマガにご登録いただきますと

今後も先行してお知らせを受け取れます。







>>料理を仕事にしたい人のために。
>>メールレッスンのご案内

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

関連記事

  1. 誰のために始める?誰を幸せにしたい?
  2. 結果を出す人の学び方って?プライベートフォトレッスンで感じた3つ…
  3. 打ち合わせやレッスンの前に。必ず用意するのは暖かいお茶とおやつ。…
  4. 好きな人とご飯を食べるために生きている
  5. まず「決心する」ことから全てが動き出す。
  6. 2つ目のブログを作ったわけは「私の当たり前」をみんなと共有したい…
  7. 自信が持てるブログ作りは、引っ越しとよく似ている。
  8. なんでって言われても、だって伝えたかったから。
PAGE TOP