続けるための考え方

かま屋に朝ごはんを食べに行ったら、まるで旅先のホテルで朝食を食べたような気分になれた話し。

Pocket

近所にできた食堂が
朝食もしていますよ、とのことなので、

てくてく歩いて
夫と朝ごはんを食べにきました。

レジでお金を払ったら、あとはセルフサービス。

熱々の飲み物がすでに用意されているって
なんでこんなに嬉しいのかな。

となりのパン工房で焼かれたパン。
トースターで好みに焼きます。

ジャム、はちみつ、バター
(ちっちゃいカップのマーガリンじゃなくて、
ちゃんとカットしてあるバター!)、
メープルシロップもセルフ。

もっちり食パン、バターやジャムにはちみつ、ゆで卵。
コーヒー・紅茶・オレンジジュースで500円。

日差しが降り注ぐ窓の席からは
青空と、春を迎える山の緑が見えます。

なにしろ私は田舎育ちなので

「朝食を食べるためだけに外に出かける」

ということに馴染みがありません。

いつもと同じ日曜日。

シンプルなこの朝食セットだって
自分の家でコーヒーを入れて
パンを焼いて卵を茹でれば

家から一歩も出ずに(わざわざ着替えなくても!)、
同じものが食べられる。

でも、
いつもと違う場所で朝食を食べるだけで
一日のスタートが全然違う。

朝食だけで旅に出た気分。

たとえて言うと、
旅先でホテルの朝食を食べながら感じる、あの気持ち。

同じ朝なのに、どこか新鮮でわくわくする。

「今日はどう過ごそうかな?」
「どこに行こうかな?」と、
一日をめいっぱい使って楽しもうと予定を考える、あの感じ。

予定のないお休みの日こそ
こうやって外で朝ごはんを食べてみる。

単に「朝食を食べる」以上の
すごいパワーがあってびっくりしました。

たった500円で
旅行気分が味わえてお得です(笑

↓今日紹介したお店はこちら。

(営業時間は2017/03/03現在の情報です)
————————————————
かま屋(食堂)
————————————————
営業時間
木・金・土 8:00 – 21:30(①〜④)
日・火・水・月祝 8:00 – 17:00(①〜③)
①【朝パン】8:00 – 10:00
②【お昼ご飯】11:00 – 14:00
③【お茶】14:00 – 17:00
④【夜ご飯】18:00 – 21:30(L.O. 21:00)
定休日:月(月祝の場合は、翌日の火休)
————————————————
かまパン&ストア(パン&食品)
————————————————
営業時間: 10:00 – 19:00
定休日:月(月祝の場合は、翌日の火休)
—————————————-

↓公式インスタグラム




>>最新レッスン情報

2017年10月のレッスン受け付け中です。


2017/10/19(木曜)

【一眼レフ初心者限定】秋色弁当のスタイリングから撮影まで基本から学ぶ1dayレッスン


クービック予約システムから予約する




下記のメルマガにご登録いただきますと

今後も先行してお知らせを受け取れます。







>>料理を仕事にしたい人のために。
>>メールレッスンのご案内

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

関連記事

  1. 「難しそう」を取りのぞけたら、一歩踏み出したのと同じこと。
  2. これから私はどうしたい?自分で手を動かさないと、見えないものがあ…
  3. 量が質に変わるとき
  4. 自分を変えたかったら、まず動くこと。
  5. レシピ通りに作ることの大切さ。
PAGE TOP